指導未経験、所属無、アラフォー会社員がC級指導者講習を受けてみる3

【その3】 ~知らなきゃ損!損!役立ち講義編~ 

前回、実技編はこちら

 

 C級指導者講習会は、実技以外にも13時間の講義が構成されている。仕事に例えるならば、さながら実技はOJT、講義はOff-JTのようだ。実技は、トレーニングに参加して、実際に身体で体験するので、イメージがつかみやすい。一方で、講義は、コーチが知っていなければいけないことを知識として網羅的に教えてくれる。

 

 C級指導者養成講習で学ぶ代表的なものはこういったものである。

・U-12の発達過程

・サッカー理論

・コーチング学

・メディカル

・審判

・女子選手への対応

 

どうだろうか? コーチライセンス云々は別にしても、知っておいた方が良いと思うものが、きっと1つや2つあるのではないだろうか。

 

 サッカーに関して言えば、普段、私たちはプレーを分解して考えることは少ない。かくいう私も、十数年もプレーしていたが、サッカーの理解度が決して充分とは思えなかった。

 サッカーは単純化すると、「それぞれのチームがゴールを狙い、守り、ボールを奪いあう」の繰り返し(らしい)。言われれば、そりゃそうだという感じだが。必ずどちらかのチームがボールを保持するため、選手は局面によってプレーを判断しなければならない。攻撃と守備には、いくつかの判断基準となる定石(セオリー)があり、場面に応じてそれらを使い分けることになる。レベルが高くなれば、定石から外れたプレーで意表を突くこともあるかもしれないが、ルールが変わらない限り、基本的なサッカーを取り巻く原則は変わらないことを知る。

 

 変わらないことがある一方で、変わることもたくさんある。

 現代サッカーでは、ポジションがなくなったとは言わないが、戦術的に今はよりボリバレント(万能型)な選手が求められる時代になった(らしい)。ゴールキーパーもフィールダーの1人だし、サイドバックが攻撃の起点となる。フォワードだって、組立に参加すれば、守備もする。ウイング的な選手も得点を求められる。そういった、サッカーの潮流をふまえつつ、日本サッカーではどういった選手を育てていきたいかということにも講義は及んでいく。

私が現役のころは、ウイングやスイーパーといったポジションはまだまだあったし、ファンタジスタと呼ばれるプレーヤーも少なからずいたように思う。

 サッカーは、どんどん変わっていることを改めて実感する。

思えば、スパイクやユニフォームだってそうだ。学生時代のころ、OBのおっさんが来れば、ピチピチの短パンやタイトなジャージを着ていたのを、笑いながら見てた。それから、結構長めのショーツが流行った時代もあったし、今はシャツをショーツから出しても怒られない。

 

Kevin Keegan Southampton Home debut 1980 : ニュース写真

(1980年代のサッカー風景)

 

 もちろん、サッカーコーチの役割は、サッカーをよく知っていることだけでは充分ではない。

サッカー選手に向き合うには、サッカーを中心とした周辺の知識も必要だ。

「トレーニング中に、熱中症になった子供がいたらどうするのか?」「少年団に入っている女の子には、何を配慮するべきなのか?」「サッカー選手としてしっかりした食事とは?」「成長過程にある少年少女にどんなトレーニングが効果的なのか?」、サッカーの現場に身を置けば、こういったことに直面する機会はきっとあるのではないかと思う。

 

 このあたりも、C級養成講習でカリキュラムとして含まれるものである。もちろん、掘り下げていけば各分野に専門家がいるほど深い内容のものばかりである。そのため、コーチは一人で全部習得するというよりは、専門家につなぐ役割としても重要となる。例えば、子供が熱中症で倒れたときに、間違った対応をおこなえば場合によっては命の危険もある。最終的な治療を施すのは医療機関だとしても、正しい対応をして医療機関にまでつなぐのはコーチ(場合によっては保護者)の役割である。そういった、知らなかったではすまされないことも網羅的に学習するのが、この講義の意味であると考える。

 

people watching presentation in conference room : ストックフォト

 

 そして、これらの講義では、アラフォーにとってはより馴染みやすいものになっていると思う。この年代になれば仕事で部下を持っていたり、何らかの役割や権限が伴う立場にいる人も多い。同じ年代のお子さんがいれば、成長過程などは自然とイメージがつかめることもある。そう考えると、アラフォーもコーチにとってはメリットかもしれない。

 コーチ講習では、じつは講義に苦手意識を持つ人も少なくなかった。サッカーコーチだから、サッカーをピッチで教えることに重点を置きたくなる気持ちもよくわかる。でも、個人的には結構大切なことを重点的にやってくれるなぁ~と感心しきりの講義であった。(了)

~次回へ続く~

 

友だち追加

Tags: C級指導者養成講習  
By: Admin
Posted: 2017年04月11日 17:28

トップページに戻る